時代

 「時の物置」の舞台である、昭和30年代は、皆さんにとって、どんな時代だったでしょうか。
 私にとっては、子供の頃の、楽しい思い出のつまった宝箱であり、セピア色の写真のように、懐かしい時代です。私よりも年上の先輩方にとっては、もしかしたら、高度成長期のハツラツとした時代だったり、時代が大きく流れた、激動の時代だったかもしれません。そして、私よりも年下の後輩たちにとっては、まだ生まれる前の、歴史の中の1ページなのかもしれません。
 以前、後輩と話した時に、彼らは、その時代をとても冷静に分析していて、かなり驚きました。私自身は、その時代に対する思い入れが強く、世代によって受け留め方が違うことを、興味深く感じた次第です。
 演技論だけではなく、話題が広がって行く芝居は、やはり、良い芝居なのではないかと、いつも思っています。ぜひ、ぜひ、たくさんの方々にご覧いただきたい。私の切なる願いです。  ぶーにゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA