現代劇センター真夏座 第137回公演 2018年11月8日(木)〜11日(日)詳しくはこちら
現代劇センター真夏座 第137回公演 2018年11月8日(木)〜11日(日)
  • HOME
  • 真夏座とは

真夏座とは

種の起源

池田一臣

「真田風雲録」(作=福田善之・演出=千田是也)
猿飛佐助で、デビュー、数々の演技、演出により現在に至る。

種を育てた人

千田是也(劇団俳優座・演出家)、金子信雄(新演劇人クラブマールイ・俳優)、丹阿弥谷津子(新演劇人クラブマールイ・女優) 

★千田是也さんのことば

「1962年に、真田風雲録で猿飛佐助をやってもらった池田君とは、ずいぶん長い付き合いになる。フレキシビリティの大きな池田君の劇団は、さらに大きな仕事をしてくれるに違いない。新しい時代の芝居創りに大いに期待している」

★丹阿弥谷津子さんのことば

「明るく呑気に人に対そうとしていらっしゃる池田さんは、そうした内面の作業が、無意識化されて、役づくりにプラスされると、それはとても楽しいものになるのです」

現代劇センター真夏座 第137回公演

くわしくはこちら