公演の総括

 六月公演「神戸北ホテル」は、たくさんのお客様に恵まれ、あたたかい拍手のうちに幕を閉じました。御来場いただきましたお客様には、深く感謝申し上げます。
 当たり前のことだけれど、ひとつの公演が終了すると、公演の総括をする。劇団として。それから、役者個人としても。それは、自分の芝居に責任を持つということなのだと思う。
 世の中には、誰も「責任」を取らぬまま、時の流れの中に、忘れ去られることも多い。何時か、誰かが、そのツケを払うのではないかと思うとぞっとするが、楽しいことに責任を持とうという私たちの、何と幸せなことか。
 秋季公演の稽古も、じき始まります。自分たちの芝居にきっちり責任がとれるように、日々、稽古に取り組んで参ります。 ぶーにゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA