人間観察

 芝居を作っていく上で、最も基本となることは、「人間が、ある状況の中で、どう行動したか」ということです。たとえば、「雪が降りしきる戸外に、裸足で放り出される」という状況があったならば、人は普通、どういう行動をとるか?
 もちろん、みんながみんな、同じ行動をとるわけではありませんが、雪は冷たいもの、雪が降る戸外は寒いはず、という概念は、誰もが持っていると思います。
 そこで、舞台上の人物が、冬の寒さや、雪の冷たさを感じている表現をしなければ、芝居を支えている「雪が降りしきる戸外」という状況は、成り立たなくなる。もしくは、舞台上の人物に別の意味が生まれてしまう。(実は、いわゆる幽霊だったとか…)
 どちらにしても、面白い芝居を作り上げていく中で基本となるのが、人間観察。観察すればするほど、人間は本当に興味深い!皆さんも、周りの人を、冷静に観察してみると、面白い発見があるかも知れませんよ! ぶーにゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA