芝居は生きている

 先日はお忙しい中、「天才バカボンのパパなのだ」「雰囲気のある死体」二本立て公演に御来場いただき、誠にありがとうございました。
 今回は、ステージごとに、また、お客様によって、反応があまりにも違い、本当に驚きでした。今日はこんなところで笑いが起きたとか、こんな反応があるんだといった、ステージごとの違いは毎回ありますが、今度の公演では、それがかなり違っていました。
 私自身、違う回を観て下さったお客様方と話していた時に、ある人が別の人に対して、「本当に同じ芝居を観たの?」というくらい、まるで感想が違っていました。今までの演劇人生において、このような経験は初めてで、貴重な体験だったのだと、今はそう思います。
 芝居は、演じている私たちだけでなく、客席を含めた劇空間の、その時間の流れの中に生きていて、その時々で様々に形を変える。そのことをしみじみ感じました。一緒に劇空間を作り上げて下さったお客様方に、深く感謝申し上げます。 ぶーにゃん
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA