「おもてなし」

 いよいよ公演初日まで2週間。物語の形は、ほぼできあがった。後はじっくりと煮込んでいく段階。今回は人情喜劇ということもあり、お客様の関心も高いようだ。それだけに、日々の芝居の出来具合によって、役のラインを伸すか太くするか、あるいは線を引き直すのか、まだまだ足りないところがあるのではないかと、考えを巡らせている。
 以前に見た小劇場での公演で、開演前に役者たちが客席を回って観客にキャンディを配ったり、簡単なゲームをして、客席の雰囲気を盛り上げていた。劇場へ来て下さったお客様に、客席に座った瞬間から楽しんでもらいたいという、「おもてなし」の精神なのかもしれない。若い集団の、いかに楽しい劇空間を作るか追求した結果、生み出されたものでもあるのかもしれない。しかし、肝心の本編の台詞や物語の人間関係によって、もっとお客様を楽しませることができたのではないかと残念にも思った。
 舞台の幕が上がるまで、まだ時間はある。お客様をよりおもてなしできるよう、相手役と交流しながら、日々の稽古に取り組んでいきたいと思う。 ぶーにゃん
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA