芝居の深み

  「見えない船に乗って」の公演初日まであと2週間あまり。台詞はほとんど入っている。ものがたりの本筋はしっかりとしてきた。
 これからは、サブストーリーの遊びの部分を充実させたり、役者個々の魅力を高めたり、お客様により楽しんでいただくための作業に入っていく。
 そのヒントは、稽古場の隅々に落ちている。仲間とのコミュニケーションの中にもある。一人の静かな時間、台本の中にもある。
 各々の想像力の深まりが、芝居の中で上手に紡がれてゆけば、芝居は自ずと成長してゆくのだと思う。自分自身と全体をバランス良く考えながら、さらなる芝居の深みを目指してゆきたい。 ぶーにゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA