昇り龍のごとく

 2012年。年が明けて1週間あまり。稽古場はまだ、ひっそりと息を潜めて、役者たちを待っています。
 今年は劇団も40周年の節目の年を迎えます。劇団のメンバーたちがそれぞれに紡いできた時間が、劇団の歴史を作り、数々の足跡を残してまいりました。
 私も、劇団の歴史の中で、自分がどのように劇団に関わり、どのように歩んできたのか振り返り、その新たな礎の上に立って、前に進んでゆきたいと思ってます。
 昇り龍のごとく。常に高みを目指して進んで行く。そんな役者でありますように。辰年の年頭に願いを込めて。
 稽古場は、やがて訪れるその時を、たくさんの役者たちを、静かに待っています。
 ぶーにゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA