「見よ、飛行機の高く飛べるを」見どころ 『菅沼先生』

 一昨年に上演した「煙が目にしみる」に続き、池田一臣が熟年女性の役を演じる。『舎監と裁縫の菅沼くら先生』である。礼儀作法には厳しいが、情に厚いところがあり、なかなか魅力的な人物だ。
 実は、この『菅沼先生』、舞台となる女子師範学校の寄宿生活や、当時の時代背景などを語り、観客をいっぺんにその世界へ連れて行く。池田の洗練された台詞によって、さりげない会話が交わされるうちに、舞台に大きなリアリティが生まれるのだ。
 星組では、長谷川佐百理が『菅沼先生』を演じる。彼女は花組の稽古にも参加し、熱心に稽古を重ねている。池田が花組の演出をする時には、彼女が『菅沼先生』を演じ、かなり力をつけた。役年齢の重みも出てきた。星組の注目女優のひとりである。 ぶーにゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA