俳優-石山雄大さん

 秋季公演「怪盗ジゴマ」で、客演に迎える石山雄大さん。真夏座の芝居に、初めて客演していただいたのは、もう、20年以上前になります。1989年4月公演「探偵物語」(シドニー・キングズリー作)で、主役のマクラウド刑事を好演していただきましたが、まだ、若い俳優が多かった真夏座において、大人の役者として、新しい風を送ってくれたことを覚えています。
 その後、真夏座では、「貴婦人故郷に帰る」(デュレンマット・作)や、「堀部安兵衛」(長谷川伸・作)など、数々の芝居に出演していただきました。均整のとれた体躯とハスキーな声で、苦みばしった二枚目の役がよく似合います。
 今月末には、銀座博品館劇場公演「SAZEN」に客演します。以前はテレビドラマにもしばしば出演し、多岐にわたり活躍している石山さんですが、素顔は、「チョイ悪オヤジ」といった風貌によらず、いたって気さくで、稽古場を楽しく引っ張っていってくれるのではないかと思っています。 ぶーにゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA