稽古場物語

 いよいよ公演まで1週間。本番用の小道具も揃い、テーマ音楽、効果音も入り、稽古場は、これまで以上にピリリとなる。上演に向けての、最後の仕上げとなるのだ。
 この時期に、熟練の役者の芝居が、ガラリと変わることがある。役に魂が入るということなのか、前日までとは違う、ある種のエネルギー、または、オーラというべきか、そんなものを身に纏い、新しい芝居がどんどん生まれていく。稽古場の空気は一変し、毎日のように見ている私たちでさえ、快い緊張感を感じるのだ。
 最近、ドラマや映画のメイキングが、ひとつの物語として取り上げられることも多いが、良い芝居の稽古場にも、たくさんのドラマがある。そのドラマの積み重ねは、何らかの形で、お客様の胸に届くのではないかと、私は思う。 ぶーにゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA