自分の中の5人の人間

 皆さんの周りにも、いないだろうか、ある場面で、普段とはまったく別の顔を見せる人が?
 私の友人の中に、普段はどちらかというと面倒くさがりで、自分でも、「掃除は一番嫌い」と言っている男性がいる。
 以前、家の引越しを手伝ってもらった時に、その男性が、ビデオデッキの裏の、端子をつなぐ部分を見て、「こういうものは裏が大事なんだ」といって、綿棒で隅々まで几帳面に掃除してくれた。私は、彼の普段とのあまりのギャップに驚き、これだから人間は面白いと、しみじみ思ったものです。
 人間は誰しも、その中に5人の人間がいるといわれます。そうして自分を冷静に分析できれば、役作りの大きな力になることは間違いないと思います。
 ただ、自分の中の好まざる部分は、自分でなるべく見ないようにしてしまいがちで、そういった部分も冷静に分析できるかどうかが、鍵になるかもしれません…。 ぶーにゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA