役者と何とかは、3日やったらやめられない!?

 舞台に上がって、スポットライトを浴び、観客の拍手に包まれると、人は、その感動から逃れられなくなると、よく言われます。
 それが、時を重ね、技術を高め、「見られる」快感から、「見せる」充実感へ、そして、多くの人の心を動かし、共感を得られた感触とともに、「達成感」へと昇華していく。そうして、どんどん芝居の魅力にとりつかれていくのでしょうか…。
 演劇グループ“ザ・シビック”を卒業し、さらに技術を習得するために結成された、O.Bザ・シビック。やはり、芝居に魅了された面々が、3月7日(日)の公演に向けて、熱の入った稽古を続けています。
 今年の演目は、大沢ケイト/作「ロンド」。時は現代。地方都市にある市民ホールの向かいにある喫茶店が舞台。実は、劇中の登場人物の中に、往年の大女優がいる。彼女が何を語るのか、それも、見どころのひとつになると思います。  ぶーにゃん

One thought on “役者と何とかは、3日やったらやめられない!?”

  1. こんにちは。大沢ケイトです。このたびはOBザ・シビックさんに「ロンド」を上演していただけるとのこと、大変喜んでおります。拝見するのが楽しみです。シビックの皆さんによろしくお伝えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA