迎春

 今年は南天の低木に真真っ赤な実がたわわに付いた。真冬の柔らかい朝日の中、たびたび野鳥の群れがやって来ては、賑やかにその実をついばんでいる。例年よりも美味しく熟したのか、ほどなくその実はすっかり食べ尽くされてしまった。千 … 続きを読む 迎春