命までがお金の狂乱時代

 6月公演「浅草物語」の中で、里子に出したりんの息子・浩一が、里親の農家から鍛冶屋へ売られるというくだりがあった。戦前の日本では、そのような子どもの売り買いは珍しいことではなかったようだ。今では表向きにはないようだが、乳 … 続きを読む 命までがお金の狂乱時代