舞台の奥行きについて

 先日たまたま見たテレビ番組の中で、能登演劇堂を目にする機会があった。無名塾の仲代達矢氏が監修し、作られた劇場だ。この劇場は舞台の奥の扉が開くようになっており、外には能登の自然が広がっている。その自然も舞台空間の一部にな … 続きを読む 舞台の奥行きについて

新しい試みに対する考察

 先日の秋季公演では新しい試みとして、土曜日の夜にアドベンチャー公演を行った。演目である「隣のチェーホフ」は、独立した六つの物語のオムニバスである。真夏座のベテラン俳優がそれぞれの物語を演出したのだが、これも真夏座にとっ … 続きを読む 新しい試みに対する考察

続けていけるということ

 先日はお忙しい中、第125回公演「三人姉妹2014」へお越しいただき、ありがとうございました。ご来場いただいた皆さまには、深く御礼申し上げます。  今回は、チェーホフの代表作の一つ「三人姉妹」の翻案ということや、舞台を … 続きを読む 続けていけるということ

「三人姉妹2014」千秋楽

 前夜に行われたアドベンチャー公演「隣のチェーホフ」には、たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございます。軽快な音楽で幕を開け、お客様の笑顔とリズミカルな拍手に包まれて、新しい試みの幕は下りました。  この若 … 続きを読む 「三人姉妹2014」千秋楽