文学を語る

 一昨日の夜、街はまだ、蒸し暑く、私はほろ酔い加減で、家路に向かって歩いていた。商店街を抜けて、住宅街に入り、ふと気付くと、夜の街はアブラゼミの鳴き声に包まれていた。セミは夜もこんなに鳴いていたのかと、私は初めて気付き、 … 続きを読む 文学を語る