語りの魅力

 芝居の台本でも、語りの本でも、演じ手は、何百回となく本を熟読し、内容をパートごとに分解し、分解した一つ一つの文章、言葉に、命を吹き込み、再構築して、台本という平面的な世界から、「芝居」または、「語り」という立体的な世界 … 続きを読む 語りの魅力