藤の会第6回発表会

 藤の会第6回発表会は、たくさんのお客様、そして、暖かい拍手に包まれて、無事、幕を閉じました。  語り手それぞれが、役になり、講演会という形式で語りをするという、新しい試みで行われた、第1部の今江祥智・作「太郎づくし」。 … 続きを読む 藤の会第6回発表会

公演前日に思うこと…

 公演が近くなると、台詞を忘れて、舞台上でオロオロする夢を見たりすることがあります。あわてて、飛び起きると、まだ公演までは数日ある…。そんな夢を見る時は、たいがい、自分の稽古が足りていない。自分の役の、何かが埋まっていな … 続きを読む 公演前日に思うこと…

語りの魅力

 芝居の台本でも、語りの本でも、演じ手は、何百回となく本を熟読し、内容をパートごとに分解し、分解した一つ一つの文章、言葉に、命を吹き込み、再構築して、台本という平面的な世界から、「芝居」または、「語り」という立体的な世界 … 続きを読む 語りの魅力

8月になると…。

 毎年8月になると、平和の誓いを新たにする、という大林晴子さん。今回の藤の会では、住井すゑ・作「ざくろ」を語ります。そして、関西弁に苦労した、という、平川恭子さんは、岡部伊都子・作「遺言のつもりで―伊都子一生語り下ろし」 … 続きを読む 8月になると…。

現代の戦い

 今回、藤の会発表会で取り上げられている、星新一・作「福の神」、そして、江國香織・作「冬の日、防衛庁にて」は、まさに、現代の戦いにスポットを当てた作品です。  「福の神」は、いつの時代にもある、人間の欲望との戦いをテーマ … 続きを読む 現代の戦い

姿勢

 藤の会のメンバーは現在11名。それぞれ、仕事や家庭を持ち、月に2回の稽古に取り組んでいます。そして、1年かけて演目を熟成し、発表会に臨みます。  稽古と稽古の間の2週間、それぞれが自分の本を何度も黙読し、内容を深く掘り … 続きを読む 姿勢

女優 江口ふじ子

 先日の納涼大独演会で、語り亭紫藤として、門左衛門とともに、「幽霊貸し家」を素敵に語ってくれた、江口ふじ子。私にとっては大先輩である、江口ふじ子について書くのは、ファンの方にお叱りを受けそうですが、どうかお許しください! … 続きを読む 女優 江口ふじ子

語り亭門左衛門一門

 昨日の納涼大独演会、1日限りの上演でしたが、たくさんのお客様にご来場いただき、本当にありがとうございました。  日本舞踊あり、民話あり、芥川もあれば、漱石もあり、そして、落語から艶話まで、幅広くご覧いただきましたが、そ … 続きを読む 語り亭門左衛門一門