現代劇センター真夏座 第137回公演 2018年11月8日(木)〜11日(日)詳しくはこちら
現代劇センター真夏座 第137回公演 2018年11月8日(木)〜11日(日)
  • HOME
  • 劇団員紹介

劇団員紹介

江口 ふじ子 (エグチ フジコ)

江口 ふじ子

出身地 東京都中央区日本橋

芸歴

1968年
東京演劇アンサンブル養成所 入所
1970年
同劇団 入団
『ガリレオ・ガリレイの生涯』で、プロとしての初舞台を踏む。
その後、「明日を紡ぐ娘たち」、「コミューンの日々」、「奇跡の人」などで大役を果たす。
1972年
同劇団 退団
1972年
現代劇センター創立に参加
出演作は、シェークスピア、チェーホフ、ブレヒト、長谷川伸、現代作家など、約100本に及ぶ。
1984年
「現代劇センター」と「真夏座」の合併に伴い、「現代劇センター真夏座」を創立
1990年
「一人語りの会<文学を語る>」を始める
山本周五郎、太宰治、芥川龍之介、岡本綺堂、織田作之助などの作家の作品を語る。
以降、池田一臣と共に、文京区立図書館にて、「一人語りの会」を15年間継続。
2004年
文京区民大学講座「朗読体験<言葉と身体>」講師を勤める。
朗読の会「藤の会」を設立(主宰)。
年1回、「日本文学を語る会」を開催し、構成、演出を務める。
2013年
文京区立真砂図書館にて、「一人語りの会」再開、継続。

主な出演舞台

  • 「マッチ売りの少女」(青年座ホール)
  • 「分屋」(現代劇センター四谷稽古場)
  • 「壊れた風景」(渋谷ジァンジァン)
  • 「屋根の声」(俳優座劇場)
  • 「刺青奇偶」(俳優座劇場)
  • 「掏摸の家」(俳優座劇場・シビック小ホール)
  • 「セチュアンの善人」(俳優座劇場)
  • 「探偵物語」(俳優座劇場)
  • 「貴婦人故郷に帰る」(俳優座劇場)
  • 「怪盗ものがたり」(俳優座劇場)
  • 「三人姉妹」(シビック小ホール)
  • 「桜の園」(シビック小ホール)
  • 「時の物置」(シビック小ホール)
  • 「浅草物語」(シビック小ホール)
  • 「父が帰る家」(シビック小ホール)

外部出演(作品名・主催団体)

  • 「故事新編」木六会(俳優座劇場)
  • 「セチュアンの善人」ブレヒトの会(俳優座劇場)
  • 「表裏源内蛙合戦」阿部事務所(紀伊國屋ホール)
  • 「部屋」新演劇人クラブ・マールイ(マールイ・サロン)
  • 「そして誰もいなくなった」新演劇人クラブ・マールイ(ジァンジァン)
  • 「リチャード三世」シェイクスピアシアター(青山円形劇場)
  • 「釣り堀にて」新演劇人クラブ・マールイ(俳優座劇場)
  • 「かわいい女」山口千鶴子プロデュース(シアターX)